2005年11月の日記

 

面白すぎる『マザー・ネイチャー』

 
最近、出かけなくてもいい日は、仕事時間の1時間を読書にあてている。今、熱中しているのが『マザー・ネイチャー』。今年の5月に出た話題の書だが上・下2冊の厚い本なのでちょっと手が出なかった。しかし、読み始めると、スバラシイ!本当におもしろい。

この本はひとことでいうと、生物学、人類学がこれまでに積み上げてきた生殖についての研究の成果をがんがん紹介してくれる、こたえられない本である。こんな知識を自分で集めたら一生かかっても無理だと思うが、この著者の知性はなんというありがたさ。しかも、笑えるくらい痛烈なユーモアつき。

著者は米国の学者で、3児の母でもあるサラ・プラファー・ハーディー博士。感心するのは、「母親とは何か」の問いに対して大変慎重に答えようとしていることだ。自分の主張にとって都合のいい事実をひろい集めるようなことはしないで、きちんと検証された事実を、サイエンスの手続きを経て提示しようとしている。だから、読んでいてとてもわくわくする−事実の力はすごい。

押し迫って出会った、今年最高の本!<>2005/11/24


 

断食後8ヶ月の食卓

 
今日はとてもいいお天気、お天気がいいと日記が書きたくなる。んー、でも雨でも書きたくなる。つまり天候について感じ入ると書きたくなるのだが、なぜかしら。

さて、先日、REBORNでは三好が私が3月にしたのと同じ友永ヨーガ学院で断食するということがあり、とてもおめでたいことである。それを祝して、宮下の「スタッフ日記のその後」風に私も断食後のことを書いてみたい。

断食は、その後もずーっと尾を引く。その引き方はすごい。実は、宮下ではないけれど、私は断食以来ご飯、お味噌汁とお野菜がちょこちょこっとあるご飯がベストになってしまった。家族のために肉、魚を毎日使うのだけど、自分のお皿には味見程度しか盛らない。私は作ったのもは必ず味見はしたいので食べるのだけど、食べたあとに「ああ、魚だ、肉だ」と重く感じるものがある。

断食後まもなく購入したキッチン道具が三つある。出刃包丁。これは、肉食をするなら、命をいただいていることがよくわかる料理をしたいという気持ちから。揚げ物をする鉄鍋。新しい油でからりと揚げたものを少し食べるというのが、なぜか好きになって。

そして、『自然なお産献立ブック』著者の岡本さんから教えてもらった十徳鍋のセット。これは新潟は燕市の厚手ステンレス鍋で、ほとんどボウルのようなお鍋。取っ手もガチャリとつくのだけどあまりつけたことがなく、たいてい鍋つかみで掴んでしまう。これにそこらへんにある野菜を切って入れ、塩をふり、そっと蒸し煮にしたようなものを毎日のように作っている。無水料理ができる構造なので軽く圧がかかり、あっというまに野菜のおいしさが引き出され食べられる柔らかさに。あとは醤油なり鰹なり味噌なり胡麻なり、そこらへんのもので味付けて盛る。

お鍋でご飯を炊くのも気がつくと頻度が増えていき、うちの炊飯器はこの間、学祭に使うとかで多摩美に持っていかれた。そろそろ返してくれ。私以外の家族がご飯焚くときは必需品なので取られたくはない。

このように、断食した人らしいものを、今も食べている。でもひとつだけ不思議なことが。それは、断食のあと数ヶ月間は、肉やクリーム類など考えるだけでも駄目なほどあっさり志向になっていたのに、終わった直後から欲しかったもののひとつにお酒があった。それも樽木の香りがするような日本酒。これが、かつてないほど、焦がれるほどに欲しかった。

直後に欲しかったものには大変身体に良いというのもがずらりと並んでいた。お米のご飯、味噌汁、お豆腐、お漬け物、ごま塩‥‥そしてなぜか日本酒だった。それで私はひそかに、日本酒をヘルシー食品・特級の仲間に入れている。<>2005/11/08

コメントは受け付けていません。