2006年1月の日記

 

長女が二十歳に

 
新年あけましておめでとうございます。

このお正月、息子はお寿司宅配のデリバリーで終日バイトして荒稼ぎをしている。元旦の日はとんでもない忙しさで全力でやっても回らなかったらしく、大変だったらしい。こっちはもう、自分も大学時代はバイクで深夜帰りしていたくせに、けっこう心配。

今までうちに宅配の男の子が来ても何も感じなかったけれど。あのおにいちゃんたちにも、ひとりずつ母がいたんだよね。2日は氷雨が降り、凍えたことでしょう。ともかくひたすら走りに走る17歳のお正月なのだった。

その他の家族は、家でぬくぬくしている。夫と9歳の次女が、黙って隣同士にすわりながらCメール(au同志の無料携帯メール)をやりとりしている。私と夫が年末に携帯を変え、家で操作方法をお勉強していたら娘が脇から「あたしにも教えて」と入ってきて、こうなってしまった。私の携帯は娘の手中に。夫は1日中小さなメル友に追いまくられて大変なのだが、ついつい末娘にはつきあってしまうところが高齢出産の父である。

長女は、今日20歳になった。こんなに大きくなるなんて。不思議としか言いようがありません。でも、それは赤ちゃんの時より図体が驚異的に大きくなったということで、まだ、この子が大人になったような気はしません。

本人もそうみたいでキョトンと二十歳の誕生日を迎えましたが、何かが変わっていくのは明日からなのかもしれない。たとえば私が「三児の母」って書かなくなるとか‥‥コレはすごいことかもしれない。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

REBORNスタッフ日記も1歳になりました。<>2006/01/03

コメントは受け付けていません。