2013年8月の日記

日本の伝統的なお産文化を知る本

221最近なぜか立て続けに「お産の歴史が分かる本が知りたい」というお問い合わせがありましたので、いくつかご紹介します。
『日本人の子産み・子育て−いま、むかし』勁草書房
『生ともののけ』新宿書房
『自然出産の智恵』日本教文社
『お産革命』朝日新聞社
『にっぽんの助産婦 昭和のしごと』REBORN こちらから
<>2013/08/11


震災後の日々について聞く

220『助産雑誌』(医学書院)8月号巻頭インタビュー「いのちをつなぐひとたち」で福島県・いわき市立総合磐城共立病院未熟児新生児科部長の本田義信先生の語りを書いています。
「原発に一番近いNICU」と震災直後に報じられたこの病院。当時、本田先生はほとんどの親子が避難して子どもが町から消えていなくなったいわきで、動かせずNICUに残されたたったひとりの重症の赤ちゃんと共に過ごしました。そこで本田先生は何を感じたか・・・半年後に襲ってきた鬱のことなども語っていただきました。
そして今、本田先生はいわきのすべての子に十分な母乳育児のケアがあるようにしたいという夢を持っていらっしゃいます。
波にさらわれた海辺の町を一緒に歩いた取材が昨日のようです。…
<>2013/08/07

コメントは受け付けていません。