2015年1月の日記

あの『育児の百科』の編集者さんと会う

257今日はすごい方にお会いしました!
岩波書店が百年の歴史の中で一番売った本は何だと思いますか?
それは、松田道雄先生の『育児の百科』なのです。『育児の百科』とは核家族化が進んできた高度経済成長期に激変する子育てを支え、150万人の母親が座右に置いた日本の代表的な育児書です。
私は今度岩波で出す人物史の一部で松田先生について書くのですが、その取材として当時の担当編集者さんにお会いしたいとお願いしたら、87歳で大変お元気な田沼祥子さんという編集者さんにお会いすることができました。
田沼さんが子育てをしながら超人的なガンバリを見せて、この20世紀の大ベストセラーができていたことがわかりました。そして、その後の介護生活のお話も忘れられません・・・。田沼さんは松田先生のご使命でこの本をたったひとりで担当されましたが、先生は子どものいる女性とこの本を作りたかったそうです。
私は松田先生の本で自分の感じていたことに自信を持ち今の仕事を始めた人間なので、今日は原点のメイキングに触れられて、本当にしあわせでした。同席したほかの編集者さんたちも大感激していました。<>2015/01/27

コメントは受け付けていません。