2015年11月の日記

シーナのバースデーライブ

3151月23日 シーナ&ロケッツ38回目のスペシャルバースディライブ SHEENA’s Reborn Day SHEENA & THE ROKKETS 38TH ANNIVERSARY DAY
今回は一眼レフで撮らせてもらいました。30年ぶり、いやもっとお久しぶりな本気音楽写真でした。シーナ&ロケッツの特別なバースデー「Reborn Day 再生日」のお祝いに贈らせていただきました。
この日、誠ちゃんは博多サンハウス時代の仲間たちもまじえて、ステージで初めてアコースティックギターを弾き”Ruby Tuesday”などを歌いました。またサンハウスのドラマーだった浦田さんがvocalをとって、誠ちゃんがシーナの闘病中に毎朝目覚ましに聞いていたというスティービー・ワンダーの”You’re my sunshine of my life”なども!この歌は、どんなときにも人の心に力をくれる歌ってなんて素敵なんだろうと思っていつも聞いていたそうです。
かつてシーナと誠ちゃんに家族や子どもの意味を教えてもらった私は今、誠ちゃんが愛する人と一緒にずっと生き続けていくこと、そのための自分なりの術を手にしつつあることにとても感動しています。<>2015/11/26


お母さんのお顔の世界

313「11月3日@ウィメンズプラザ」という日にちと場所は私らにはgood old な感じですが、今年の此所はモーハウスさんによる堀内 勁先生の大変濃い講演会が開かれていました。
「僕は、お母さんのお顔の世界に入っていく。
お母さんのお顔と目・鼻・口は空・雲・それに水。
お母さんの活力は元気は空気と光。
いつもは光も空気も、そこではしゃぎ回っている・・・」
母子相互作用の世界を深く探求してきた堀内先生の深い学識、そしてアーティスティックな表現の数々に時はあっという間に過ぎていったのでした。今のママたちの大きな関心である父親の育児についても、だんだん妙なことになってきた平等主義の行きすぎをみごとに論破してくださいました。<>2015/11/08

コメントは受け付けていません。