日本産科婦人科学会で

4月23日日本産科婦人科学会「子供から見たお産と産後の母子への関わりについて〜バースハピネスを考える〜」で、大阪府立母子保健総合医療センター新生児科・北島博之先生が、私が長良医療センターで撮影した一連の写真を使って帝王切開のfamily-centeredなあり方、きょうだいと保育器に入った赤ちゃんとのふれあいについてお話しされました。

13043615_1029058827175013_7946621458063486946_n

12963739_1029058823841680_944478964173227953_n

13043305_1029058807175015_5540308866933268469_n

座長の川鰭先生も、子どもたちがいかに立派な家族の一人であるかをお話しされました。
この会場は若い医師、女性医師が多かった印象があります。
改めて長良医療センターの皆さまにお礼を申し上げます。

コメントは受け付けていません。