茅ヶ崎で

13177709_1040519792695583_4930358881281902893_n 13244851_1040519742695588_8081208255926343787_n

あの浪の音はいいなあ
浜へ行きたいなあ

昭和2年、茅ヶ崎のサナトリウムで療養し結核で若い命を散らしたという詩人・八木重吉さんの詩です。悲しみの詩が、今はこの地の自然を愛でるものになっています。痛みの中からしか人の心を打つものは生まれないということは、時に残酷。

コメントは受け付けていません。