日本の女性は何も知らされていない

13330985_1055638717850357_1677698966521786173_n“女性の好奇心が目覚める情報サイト”「ウートピ」で、女性ライターの江川知里さんが、赤ちゃんの先天性疾患についてとてもスッキリしたインタビュー記事をまとめてくれました。
女性向けウェブサイトでこういう骨太の記事が出ることは滅多にないことだと思います!!
とっても読みやすいので、ぜひ読んでください。
----------------------------
日本の産科医療の分野は、私たちの想像以上に急速なスピードで技術革新が進んでいます。その一方で、当事者である女性たちは、不妊・妊娠・出産をとりまくリスクを含めた“真実”をほとんど知らされていません。近い将来、出産を考えているすべての女性が知っておくべきこととは――2016年度科学ジャーナリスト賞を受賞した作品、『出生前診断 出産ジャーナリストが見つめた現状と未来』
(朝日新聞出版)の著者である河合蘭(かわい・らん)さんにお話を伺いました。
リスクゼロの妊娠・出産などない
――将来、赤ちゃんを望む女性や妊婦さんは、一体何を知らされていないのでしょうか?
河合蘭さん(以下、河合):妊娠すれば誰しも「健康な赤ちゃんが生まれますように」と願います。ただし、母体も安全で子どもも健康であることを100%保障されている人は、若い妊婦さんでもいないのです。「おなかの赤ちゃんは先天的な病気を背負っているかもしれない。妊娠とはそういうものなんだ」という事実を女性たちは知っておくべきだと思うんです。
先天異常を持つ赤ちゃんが生まれる確率は、新生児全体の3~5%。そのほとんどは家系に関係なく、世界中すべてのカップルに起こりえます。
続きはこちらから!

◆「日本の女性は何も知らされていない」出産ジャーナリスト・河合蘭さんインタビュー|ウートピ
http://wotopi.jp/archives/37539

コメントは受け付けていません。