新美南吉さんとのイベントから5年

たまたま岐阜県大垣市へ父のお墓参りに来た朝、ちょうど五年前の今日、ここ大垣市が父のイベントをしてくれていたことをフェイスブックが教えてくれました。父は新美さんとの親交が深かったので、新美さんとの友情をテーマに、5年前のこの日イベントが開かれたのでした。

GAFA時代は便利。でも、そもそも今日私がここにいるということは、暦という古代の発明もきっととんでもなく深いのでしょう。

イベントを企画してくださった方と、父のお墓で会いました。当時、イベントのために河合の家の調査を熱心におこなってくださった方でもあります。鍵になる情報をくださったお寺のことなどもお聞きし、本当に取材が深くて、継続性もあり、お話聞き入ってしまいました。私の分野とは違い「取材」ではなくて「調査」というそうですが。

こうした方の情熱と学識が、きっと日本中でその地域の郷土史を支えているのだと思います。

私など、もう足元にも及ばないですが、自分と同じようなことをしている方とお話ができた喜びを感じた一日でした。

コメントは受け付けていません。