「出生前診断のニーズに関するアンケート」プレスリリース

あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。


ベビカムさんとの共同調査「出生前診断のニーズに関するアンケート」が、年末にプレスリリース出されました。
内容の一部をご紹介しますと、例えばこのような状況がわかりました。

■何らかの検査を受けた人の割合は30代後半では3割半、40代では6割。2012年調査は1.5割(35歳以上)だったので増加し、検査の種類も増えている。




■しかし今なお、高齢妊娠でも7割の人はかかっている産科医と出生前診断の話をしていない。

■検査に思い悩む妊婦は、出生前診断の正しい情報や相談できる場を求めている。妊婦の97.5%が、陽性判定が出た場合はカウンセリングが必要と回答(30代後半の場合) 。


全体として、医療施設の対応はさまざまであり妊婦さんが混乱、苦心していることを浮き彫りにしております。


自由筆記欄には妊婦さんの本音、体験があふれました。
妊婦さんの声を集めた調査としては、この調査は、日本の妊婦さんの多数派である検査を受けなかった人(受けなかった人、受けられなかった人)の声も多く含むという特徴があり、日産婦でおこなった検査を受けた人の声を集中的に集めた調査とあわせて見ていただけると補完性があるかと思います。

※メディアの皆さま
ぜひ515名の母親の声を載せた本調査をご紹介下さい(プレスリリースには詳細は載っていませんので、ご連絡いただければ私から自由記述も含めて資料お送りします)。


【調査概要】
河合蘭・ベビカム共同インターネット調査
「出生前診断のニーズに関するアンケート」
■回答期間
2020年10月2日(金)〜2020年10月11日(日)
■調査方法
インターネット調査 (「Questant」使用)
妊娠・育児情報サイト「ベビカム」にて会員に周知し考えや妊娠中の経験を聞いた。
経験については末子妊娠中のことを回答してもらう。
■回答者
出産体験者の女性、妊婦さん 515名
・妊娠22週未満の妊婦、子ども6歳未満の母親 (448名)について報告する。
・出産年齢は35歳以上が162名(36.1%)とやや多いが年齢層別に集計している。


【プレスリリース】
出生前診断について妊婦はどう考えている?調査で分かった、判定結果に対する十分な事前情報とサポート体制の必要性。〜35歳以上の妊婦の97.4%が、 陽性判定の場合にはカウンセリングが必要と回答〜
河合蘭とベビカムでの共同インターネット調査結果による、出生前診断に対する妊婦の立場から見た現状と課題を広く共有
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000212.000007518.html

コメントは受け付けていません。