こんにちは。こちらは河合蘭(出産ジャーナリスト/写真家)のサイトです。スマホでご覧になっている方は、左上のメニューよりお入りください。


最近のしごと

■2020年8月6日 現代ビジネス-FRaU(講談社)
2年の不妊治療で授かった命、40代女性が告げられた「知らない病気」 出生前診断と母たち(16)「異常」の幅 こちらから

■2020年7月17日 ABEMA NEWSチャンネル リモート出演
#アベプラ②夫婦はなぜ中絶を決めた?"命の選別"に批判も 出生前診断の改定検討へ

■2020年7月1日 現代ビジネス-FRaU(講談社)
2度のダウン症妊娠「産む」「産まない」両方の決断をした夫婦の思い 出生前診断と母たち⑮様々な決断 こちらから

■2020年6月27日 富山県滑川市のご依頼により市立滑川中学校、早月中学校の2校で「未来のパパ・ママへ~今、知っておいてほしいこと」と題する学校授業をおこないました。

■現代ビジネス-FRaU(講談社)
3割判定が違っても…「出産前の妊婦全員にPCR検査」実施病院の真意 新型コロナと妊婦③PCR検査 こちらから

■助産雑誌2020年6月号(医学書院)
類人猿の出産に学ぶ共感社会の再生

■東洋経済オンライン
コロナ禍が教えた「妊婦に遠隔診療が必要な訳」 医療過疎地域や離島の経験が今後の糧になる こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
妊婦の医師からも悲鳴―コロナ禍の妊婦、職場での感染から守るために  新型コロナと妊婦②妊婦と職場  こちらから

■現代ビジネス-FRaU(講談社)
もし妊婦が新型コロナに感染したら…?「1676人の不安」への答え  新型コロナと妊婦①産科医療崩壊は起きうるか こちらから

■2020年4月 コロナ禍における妊婦さんの実態調査をニンプスラボと共同で実施いたしました(有効回答数1,676名)。結果は こちらから

■東洋経済オンライン(東洋経済新報社)
「妻が夫の子育てにイラつく」のが至極当然の訳  女と男は生物的にどうしても得手不得手がある こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
ダウン症の子を持つ福祉専門家が語る「障害児を産んだらお金が心配」への答え  出生前診断と母たち⑭障害児の将来 こちらから

■現代ビジネス-FRaU(講談社)
不妊治療2年、流産3回…42歳の母がダウン症でも迷わず産んだ「根拠」  出生前診断と母たち⑬障害児と知って こちらから

■助産雑誌(医学書院) 2020年4月号
レスパイト施設 あおぞら共和国 子どもと家族にとっての本当の幸せを追い求めて

■「ハートネットTV」(NHK 教育テレビジョン) 
「シリーズ 出生前検査」全2回アンコール放送
3月12日(木)13:05~/3月26日(木)13:05~  第1回についてはこちらから 第2回についてはこちらから

■現代ビジネス-FRaU(講談社)
「私は一度逃げた」脳性麻痺のわが子に母親が向き合えるまで 出生前診断と母たち⑫逃げたくなる気持ち こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
第1子が脳性麻痺、第3子がダウン症の母がみつけた「自分ならではの仕事」 出生前診断と母たち⑪産後ドゥーラ こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
出生前診断受ける?受けない?青山学院高等部で10代はこう悩んだ  出生前診断と母たち⑩未来の親たち こちらから

■東洋経済オンライン(東洋経済新報社)
「無痛分娩」には一体どれだけの危険が伴うのか その産科が麻酔をしっかりとやれるかが焦点だ こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
10回流産の末に授かったダウン症のわが子…「産む決意」後の悲しい別れ/ 出生前診断と母たち⑨胎内死亡  こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
「2分の1の確率でダウン症」出生前診断で「産まない決断」をした母の悲痛/ 出生前診断と母たち⑧中期中絶  こちらから

■北海道新聞 
「水曜討論」で新出生前診断(NIPT)についてお話しさせていただきました。 こちらから

■東洋経済オンライン(東洋経済新報社)
ピジョンも関わる「母乳バンク」の知られざる姿 ニーズ高く国際的に進んでいるが日本は牛歩 こちらから

■現代ビジネス-FRAU(講談社)
2分の1の確率で遺伝する難病を持つ母・伊是名夏子さんが考える出生前診断 / 出生前診断と母たち⑦病気の母の出産 こちらから

■文藝春秋(文藝春秋社) 2019年11月号
旬選ジャーナル 目利きが選ぶ一押しニュース
「胎児、新生児期からの予防医療」